雌阿寒岳

今回は 雌阿寒岳 です😃

実は前日までいや、登山口の前でまで 登るかあきらめるか迷ってました。
なぜならこの日の登山指数は 最悪の『C』。

普通なら 登ってはいけないグレードです💦

麓の天気は一応、一日中 曇 になっています。
でも 山の上は雲の中ですし、風も平地よりも強いでしょう。
だから 『C』なのかな?

一応、午前9時までは 『B』ですから 早く登って降りてくれば大丈夫かな?
まあ、見張らしは全く期待できませんが…💦

なんて 入り口で思い悩んでいたら 二人の男性が 山に入って行きました! せっかくここまで来て、私たちも行かない理由は ありませんね…

雌阿寒温泉の登山口から 頂上をまわり、オンネトー登山口に降りてくるコースをとります。

a0347317_10103891.jpg

では、行ってきます!

a0347317_10111148.jpg

最初だけは 森の中

a0347317_10115173.jpg

気持ちの良い 登山道です。

a0347317_10135316.jpg

一合目

a0347317_10142802.jpg

しばらく行くと 50代~60代かな? 7~8名からなる登山グループが二組、ガイドさんつきで来てました。

a0347317_10160175.jpg

a0347317_10162720.jpg

その 総勢15名ちょっとのグループを 追い越し ぐんぐん登って行きます。


a0347317_10181080.jpg

この三合目までと三合目からは全く植生が異なるようです。

a0347317_15151620.jpg

なんか素敵~

a0347317_15170612.jpg

ここを登ると見晴らしが出ますが あいにくの眺望です。

a0347317_15181057.jpg

それでも 思ったほど悪くない!

a0347317_15185719.jpg

ガスってますが仕方ないです。(笑)

a0347317_15195065.jpg

a0347317_15202450.jpg

四合目からの眺め

a0347317_15212035.jpg

天気が良ければ さぞかし 素敵な眺めでしょう!


a0347317_15221165.jpg



a0347317_10482232.jpg

そして五合目では こんな天気になってます。

a0347317_15231679.jpg


ギリギリ⁉(笑) 霧が濃くなったり 薄くなったり。

a0347317_15241201.jpg

まだ 風は強くないです。

a0347317_15245755.jpg

眺めが悪いのは承知ですから~😃


a0347317_15252674.jpg

だいぶ近づいてきた感があります。


a0347317_15255764.jpg

八合目。この辺から 結構風が強くなってきてます。
霧の中なので レインウェアも必要になってきました。


a0347317_15261938.jpg

もう一息なんですけとね~

a0347317_15265512.jpg

九合目、ここまで来ると結構視界が悪い💦


a0347317_15282375.jpg

と思っている間にあっと言う間に着きました。

山頂!

a0347317_15284924.jpg

この通り、何も見えない感じです。(笑)

a0347317_15300631.jpg

風もかなり強いので さっさと下ります。

a0347317_15303257.jpg

火山の山らしい風景ですが 全然前が見えません💦


a0347317_15310687.jpg

ダッシュで下ります。



a0347317_11220661.jpg
a0347317_15312747.jpg
活火山ならではの注意書き


a0347317_15330962.jpg

急いで下って 植生のある高さまで下ると風もピタリととまりますね~😃

a0347317_14221155.jpg

帰りの道は行きの道と違う道です。
ここも 気持ちの良い道です。

a0347317_14224279.jpg

登山道が カッコいくて!


a0347317_14231718.jpg

写真では 上手く伝わらないかもですが、とても良い 雰囲気でした😃


a0347317_14235455.jpg

下りは登りよりも距離が長かったな。


a0347317_14254334.jpg

戻って来ました~😃


人気の山だけあって、私たちの後からも 次から次へと登って来る人がいますね~!こんな天気でも かなり登ってます。

私たちが追い越した 登山グループは 無事山頂まで行けたのでしょうか…???


私たちが下山してるときも何人もすれ違いましたが
でも、みんな… これからの時間は『C』ですよ…⁉多分登頂できないよ???

…でも アレです。『登頂することだけが 登山ではない。』ですか?

でも やはり、登山指数を甘く見てはいけませんね。雌阿寒岳みたいに、低い山で 行動時間が短いなら なんとかなりますけど 日高の山とか 大雪山とかなら 降りてくるのも大変でしょうから。


なにはともあれ こんな天気でしたけど 無事登ってこれました‼
雌阿寒岳、大変オススメです。

登山道も気持ちいいし、晴れていれば素晴らしい眺めなんでしょう✨
是非天気の良いときに、また登りたい山でした。


[PR]
by miii-ka | 2017-10-11 10:01 | 課外活動 | Comments(0)

新札幌 『Dali』 と 狸小路 『Ivi』 の2つの美容室に在籍してます。 毎日のちょっとしたひとこま。サロンワーク。趣味興味。 などなど 気ままに書いてます。