サーランバ シールシャアサナ(頭立ちのポーズ)

プチヨガ講座第3弾

見た目に難しそうなこのポーズ
サーランバシールシャアサナ


a0347317_10022206.jpg


サーランバとは「ささえられて」、シールシャは「頭」の意味です。

これは ヨガアサナの中で、最も大切なポーズのひとつである逆立ちのポーズです。
このポーズを習得すると、肉体のバランスがとれ、精神の安定的をもたらす。と、『ハタヨガの真髄』に書いてあります。

初心者は人に補助してもらうか 壁を利用して行う、と あります。

私の通っている教室では ある程度慣れてきたら この練習に入ります。最初は 私には無理~💦と 思ってました。


私は もともと、足も背中も 肩も弱いので この状態で長い間時間キープするのはかなり大変ですが 他の立位のアサナの練習をしていくと この逆立ちも徐々にできるようになっていきました。

ひとつのアサナだけではなく、まんべんなく練習することが大事なんですよね😃

本に書いてあります。
『はじめはすべてがぎこちなく思われる。正しく行おうと考えても大変難しい。これは倒れるのを恐れているからである。1番よい方法は人々が恐れて居ることに 落ち着いて対処することである。』
『倒れるということは、考えているほど怖いことでもない。バランスよく行うためには、組み合わせた手をリラックスさせ、膝を柔軟にしておくことである。そうすれば たとえ倒れても笑ってすませられる。』う~ん。

私はまだ 壁で練習しているので 倒れたりは しないんですけどね。



シールシャアサナを継続して行うと、健康になり、脳細胞の血行も良くなる。 このポーズは心身を若返らせ 思考能力も向上し、頭脳が明晰になる。とくに頭の疲れに即効的効果がある。また、成長及び健康活力の維持と密接な関係のある 脳下垂体及び 松果腺の血行をよくする。

ですって。


ヨガでは 一連のポーズに この 逆転のポーズが組み込まれてはじめて効果が出るので とても大切なポーズです。
そのうち壁を使わずに立てるようになれるでしょうか?

その日によって 立ち姿が曲がってしまったり、左の肩甲骨に違和感がでたり、右の鼠径部が詰まった感じがしたり…

自分の身体の調子が 良くわかります💦💦


このアサナには バリエーションが沢山あるので このまっすぐな逆立ちは 比較的簡単なものなんですよ😃



[PR]
by miii-ka | 2017-10-20 15:56 | 課外活動 | Comments(0)

新札幌 『Dali』 と 狸小路 『Ivi』 の2つの美容室に在籍してます。 毎日のちょっとしたひとこま。サロンワーク。趣味興味。 などなど 気ままに書いてます。