元気で若い。話?

今日 美容の専門雑誌を読んでいて 興味深いことが書いてありました。

数字を読み解く というコラムのなかで、
去年から 60代に対して 美容業界が動いている、と。

少子高齢化で いま日本人の3人に1人は60歳以上。
元気で若いシニアが増えています。 
私の母も60代。 シニアなんて思ったこともありませんが、年齢の区切りでいけば そうなのでしょう。

このコラムでは 「あなたが『ちょっとおしゃれをする』のはどんなときですか?」という質問での回答を、年代別に調査したものについて 書かれていました。
これによると 60代、70代は 日常的な外出シーンでのスコアが高い傾向にあるそうです。
”家から出るとき”、”人に会うとき” 身なりに気を配る人が多い傾向にある、 と。

確かに 若い世代は シニア世代よりも日常的に外出する機会が多いので ちょっと家から出るぐらいではおしゃれに気を使わないかも… 友達と会うから、なにかのイベントがあるから、彼と会うから…以外ではラフで過ごす人も多いのかも。

シニア世代は ひとつひとつの外出を 『ハレの場』として意識しているのでしょう、と。
そのニーズを満たしていきましょう、と。そんなコラムでした。

Daliでは 
言葉の通り 老若男女来ていただいていますが、シニア世代の方が来店頻度が高いです。

カラーもしなきゃいけないし パーマもかけないと…
みなさんおっしゃいます。お化粧はそんなにしっかりしなくても ヘアースタイルできちんと感がでるって。
そういうわけで 年々 ヘアースタイルに 気を配らないといけないんですね。確かに 髪に表れる部分ってあるのかも!?

どんな世代でも、、、もちろん私もそうですが 美容室に行くって 気持が外向きじゃないと難しくないですか?
いろんな意味で元気じゃないとおしゃれもできない。

もちろん 伸びてきて邪魔だから 髪を切る。って方もたっくさーんいます。
それもね、元気だから行けるんですよー? そして やっぱり20代の方たちよりも絶対 意識は高いのです。

20代は20代の髪の悩み、40代は40代の、そして60代は60代の悩みがあって。
今までは若い世代にしかフォーカスしてなかったものが おしゃれに気を使う年代の幅が広がったため 業界もそれに合わせて変わってきてるんですね。

ニーズに合わせて 技術も流行への対処も。

…やっぱり 業界紙を読むのも大事だな、と あらためて思いました。

いまさらですけど 今だから真剣に向き合えることもあり???っていうことで…

先日のお客様。

a0347317_22335183.jpg


カラーにしても カットにしても、 ととのえると やっぱりいいですね!






[PR]
by miii-ka | 2016-02-02 22:36 | サロンワーク | Comments(0)

新札幌 『Dali』 と 狸小路 『Ivi』 の2つの美容室に在籍してます。 毎日のちょっとしたひとこま。サロンワーク。趣味興味。 などなど 気ままに書いてます。