『デイ・オブ・ザ・デッド 』メキシコビール

このビール、可愛くないですか~???✨✨


a0347317_18563631.jpg


骸骨ラベルのビール😃

もちろん…

メキシコ製です‼


お客様から誕生日に、と いただいてしまいました!


このお方からは ちょっと前にもドクロテキーラを頂いたばかり‼

本当に ありがとうございます❤


なんか 私 ドクロキャラになってる⁉
って訳ではないでしょうが💦 メキシコといえば 骸骨ですから😃

そして メキシコといえば 私 になるわけです。笑


このビール、3つとも種類が違う~✨✨

『デイ オブ ザ デッド』というビールだそうです。


以下 このビールを紹介していたウェブサイトからの抜粋です。


ー 死者の日とは毎年11月1、2日に制定されているメキシコを中心とした祝日で、家族や友人が集い故人に想いを馳せ、語り合い祈りを捧げる日。砂糖で作られたガイコツやマリーゴールド、故人の好きだった品などで華やかに装飾されたオフレンダという祭壇が、墓前だけでなく街じゅうに置かれる。そんな、ラテンアメリカの人々にとっての大切な1日がテーマの『デイ・オブ・ザ・デッド』。味や香り、苦みの異なる4種類のラインナップが用意されている。
ビールが苦手なひとにもお薦めな、バナナやクローブの香りを持つフルーティでまろやかな味の『デイ・オブ・ザ・デッド ヘーフェバイツェン』。
トフィー、キャラメル、コーヒーの香りとホップの苦みが心地よく、クリスピーな味わいのエール『デイ・オブ・ザ・デッド アンバーエール』。
ホップを豊富に使い強力な苦みとフローラルな香りの対称がクセになる『デイ・オブ・ザ・デッド IPA』。
そして米ビール専門誌『DRAFT MAGAZINE』にて、ビール・オブ・ザ・イヤー2013において最高得点を獲得した『デイ・オブ・ザ・デッド ポーター』。焙煎した茶色麦芽を用い、コーヒー、チョコレート、キャラメルなどの香ばしさが特徴の黒色エールだ。
いずれも、パッケージからは想像も及ばない上質な味わいのビール。パーティーなどに持ち寄れば、大受けまちがいなしだろう。

と、いうご紹介😃





a0347317_19033730.jpg

この『ポーター』 というビールは 暗い色をしたエールビールだそうです。



a0347317_19040267.jpg

この『ヘーフェ バイツェン』はフルーティー⁉


a0347317_19042245.jpg


この『アンバー』は 苦味のあるタイプ…?


どれから 飲もう⁉

っていうより もったいなくて飲めません…💦


当分は このラベルを見て楽しんでいます。


皆さん どの ラベルが好みですか?



[PR]
by miii-ka | 2017-03-20 18:55 | お礼 | Comments(0)

新札幌 『Dali』 と 狸小路 『Ivi』 の2つの美容室に在籍してます。 毎日のちょっとしたひとこま。サロンワーク。趣味興味。 などなど 気ままに書いてます。